休講・補講情報はこちら
休講・補講情報はこちら
休講・補講情報はこちら
休講・補講情報はこちら
休講・補講情報はこちら
ふくい地域創生士申請書ダウンロード
F-SQUARE

地方創生推進事業(coc+)とは

地方創生推進事業(coc+)ってなに?

  • 県内すべての4年制大学(福井大学、福井県立大学、福井工業大学、仁愛大学、敦賀市立看護大学)が、福井県および産業界・医療界等と一体になって、地域の持続的な発展とイノベーションを推進する担い手を育てようとする事業です。
  • 人材育成に際し、学生の主体的な学びを引き出すとともに、学生の学修とその後の展開力を保証するために“ふくい地域創生士”という、認定制度を設定。これを就活におけるふくいスタンダードにしよう!
  • 目標と取り組む課題
  • 事業の全体構想

福井県(事業協働地域)の特徴

  • 社会
    • 幸福度ランキング全国1位
    • 高い出生率(全国6位)
    • 低い失業率(全国2位)
  • 教育
    • 児童・生徒の学力、運動能力全国トップ
    • 県内大学の就職率98%
  • 産業
    • 日本一の原子力発電所立地県
    • ものづくり企業の割合が高く、独自技術力・競争力も高い(中小企業で海外展開16位)

福井県(事業協働地域)の問題点

  • 人口動態
    • 年少人口(14歳まで)が半減(13万→6.8万人)
    • 生産人口は40%減(52.9万→32.7万)
    • 県外からの転入者数が全国最下位
  • 進学・就職状況
    • 県内大学の入学定員が少ない
      →進学者の70%(約3,500人)が流出 
    • 県南部(嶺南地域)では約90%が県外進学
    • 県内就職率48% 県外学生は10%以下
  • 産業の実態
    • グローバル化,構造転換への立ち後れ
    • 地場産業の長期衰退化

地域の発展の為に解決すべき課題

  • 1県内大学への進学促進
  • 2県内大学卒業生の県内定着の促進
  • 3産業、まちづくり、地域医療、教育人材の育成・確保
  • 4外国人留学生の受入拡大及び県内定着の促進